MP4をWMVに変換する方法

デジカメ撮影したMP4をWMVに変換してWindowsムービーメーカーで編集したいができるソフトとやり方が分かりません!
そこでMP4をWMVに変換するソフトと、MP4をWMVをに変換するやり方を紹介します。

MP4をWMVに変換するに使用のは「iSofter 動画変換」という動画変換ソフトです。
「iSofter 動画変換」は様々な動画形式の相互変換に対応する動画変換ソフトです。MP4をWMVに変換できるだけでなく、FLV、MP4、WMV、3GP、MOV、VOB、MTSなどほぼすべての動画形式の相互変換ができます。iPad、iPhone、iPod、PSP、Walkman、スマホ、タブレットなど多くの携帯モバイルにも対応します。
インターフェイスが直感的で分かりやすく、初心者でもただ3ステップの簡単な操作でMP4をWMVに変換することができます。動画変換機能のほか、カット、結合、クロップ、透かし・字幕挿入、画面向きの変更など動画編集機能も付きます。

MP4をWMVに変換する方法:
Step1:「iSofter 動画変換」をインストール
Step2:MP4ファイルを取り込む
Step3:出力形式を設定
Step4:MP4をWMVに変換開始

Step1:「iSofter 動画変換」をインストール
まずは「iSofter 動画変換」をダウンロードします。
セットアップした後、ディスクトップにあるアイコンをダブルクリックしてソフトを起動させます。

MP4 WMV変換
 

Step2:MP4ファイルを取り込む
「追加」→「ファイルの追加」ボタンをクリックしてWMVに変換したいMP4ファイルを追加します。
複数のファイルを一括に変換するパッチ変換もできますので、一度に複数のMP4ファイルを追加することも可能です。

MP4 WMV変換
 

Step3:出力形式を設定
「プロファイル」ドロップダウンリストから「動画形式」のWMV動画形式を選択し出力形式に設定します。

MP4 WMV変換
 

Step4:MP4をWMVに変換開始
以上の設定が完了しましたら、「変換」ボタンをクリックしてMP4をWMVに変換開始します。

MP4 WMV変換
 

以上の僅かの手順でMP4をWMVに変換することができます。