WMVをMP4に変換する方法

WMVをMP4に変換したいですが、お勧めのソフトと簡単なやり方がありませんか?
WMVをiPadなど携帯モバイルで直接再生できないため、iPad、iPhone、iPodなどをお持ちの方ではWMVをMP4に変換するニーズが多いです。ここではWMV MP4変換ソフトとWMVをMP4に変換する方法を説明します。

WMVをMP4に変換するに「iSofter MP4 変換」というMP4変換ソフトを使用します。
「iSofter MP4 変換」は動画をMP4に変換する動画変換ソフトで、WMVをMP4に変換するだけでなくて、FLV、AVI、3GPなどほぼすべての動画をMP4に変換できます。
ユーザーインターフェイスも分かりやすく、パソコン初心者でも簡単な操作でWMVをMP4に変換できます。また動画変換機能のほか、カット、分割、結合、透かし・文字の挿入、字幕の結合、映像の回転など多彩な動画編集機能も付きます。

WMVをMP4に変換する方法:
Step1:ソフト導入
Step2:WMVファイルを取り込む
Step3:出力形式を設定
Step4:WMV MP4変換開始

Step1:ソフト導入
「iSofter MP4 変換」をダウンロードしてインストールします。
セットアップした後、デスクトップにあるアイコンをダブルクリックしてプログラムを起動させます。

WMV MP4変換
 

Step2:WMVファイルを追加
「追加」→「ファイルの追加」をクリックしてMP4に変換したいWMVファイルを取り込みます。
パッチ変換機能付きで複数のファイルを一括に変換することができますので、大量の動画を変換する場合はぜひご利用ください。

WMV MP4変換
 

Step3:出力形式を設定
「プロファイル」ドロップダウンリストから「動画形式」の「MP4 Video Format」を選択し、出力形式に設定します。
一般のMP4形式のほか、iPad、iPhone、iPod、PSP、PS3などデバイス用MP4形式も用意されています、デバイス機種を選択するだけでWMVから対応のMP4形式に変換されます。

WMV MP4変換
 

Step4:WMVをMP4に変換開始
以上の設定が完了しましたら、「変換」ボタンをクリックするとWMVファイルがMP4に変換されます。

WMV MP4変換
 

あとは変換完了まで待ちましょう! 一度に複数の動画ファイルを変換する場合は時間がかかることがあります、その時プログラムを最小化してほかの作業をすることをお勧めします。WMVからMP4に変換完了した後、変換できたMP4動画を保存するフォルダが自動的開きます。
以上の手順に従って操作すればだれでも簡単にWMVをMP4に変換することができます。