DVDをパソコンに取り込む方法

レンタルDVDを見る時間なく返してしまうことありませんか?
その時DVDをパソコンに取り込むことができれば、返却日を気にせずじっくりパソコンでDVDを見ることができます。
またDVDのデータをパソコンに取り込め ば、ディスクが手元になくてもファイルとして映像を再生できます、外出で携帯不便なDVDディスクを持っていなくてもDVDの映像が存分に楽しめます。

そこでDVDをパソコンに取り込むに必要のソフトとやり方を説明します。
今回は「iSofter DVD 変換」というDVDリッピングソフトを使用します。
シンプルな操作でDVDをMP4、AVI、WMVなどの動画ファイルに変換しパソコンに取り込むことができます。字幕と音声の設定もできますので、特に洋画の場合は便利な機能です。変換機能だけではなく、カット、結合、分割などの動画編集機能も付きで、DVDからお好みの部分だけを切り出してパソコンに保存することができます。DVDから音声だけを取り出すことも可能です。まずは無料体験版をダウンロードしてお試しください。

無料体験版:iSofter DVD 変換

DVDをパソコンに取り込む方法:

まずは「iSofter DVD 変換」をダウンロードしてインストールします。
インストール完了後に、ディスクトップにあるアイコンをダブルクリックして起動します。

DVDをパソコンに取り込む
 

Step1:DVD取り込み
ドライブにDVDを挿入します。「追加」→「DVDドライブを選択」ボタンクリックしてDVDを取り込みます。
読み込み完了後、「オーディオ」と「字幕」のメニューが表示されます。希望の音声と字幕を選択できます。

DVDをパソコンに取り込む
 

Step2:出力形式を設定
「プロファイル」ドロップダウンリストから出力形式を選択します。
AVI、MP4、WMVやFLVなどの一般の動画形式はもちろん、iPad、iPhone、iPod、PSP、アンドロイドのスマホやタブレット用にDVDを変換してパソコンに取り込むこともできます。

DVD取り込み
 

Step3:保存先を設定
既定の保存先でも問題ない場合は、保存先を再設定する必要がありません。
特定のフォルダに保存したい場合は、「出力先」右側のボタンをクリックして保存先を変更することができます。

DVDをパソコンに取り込む

 

Step4:変換開始
以上の設定が完了しましたら、「変換する」ボタンをクリックするとDVDから動画ファイルに変換されます。

DVDをパソコンに取り込む方法

後は変換完了するまで待ちます。
変換完了後、先程指定した保存先フォルダが自動的に開き、DVDから抽出変換した動画ファイルがそこに保存されます。

DVDをパソコンに取り込む
 

変換できた動画をパソコンで再生してうまく変換されたのかを確認します。
問題なく変換されたようでしたら、DVDをパソコンに取り込む作業が完了です。

DVDからお好みの部分だけを切り出す方法

DVD全編ではなく、お好みの部分だけを切り出してパソコンに保存したい時もあります。iSofter DVD iPhone変換にカットという動画編集機能が付きますので、DVDからお好みの部分だけを切り出してパソコンに保存することができます。

ソフトウエアをダウンロードし、DVDも追加した後、「編集」ボタンをクリックして編集ウィンドウを開きます。

DVDからお好みの部分を切り出す
 

開始時間と終了時間を入力し「追加」ボタンを押せば、欲しい部分を切り出すことができます。

矢印をドラッグ&ドロップするだけで開始時間と終了時間を設定することもできます。

必要な部分を切り出した後、「完了」ボタンをクリックします。

DVDから部分だけを切り出す

必要な部分を切り出した後、「完了」ボタンをクリックします。

「プロファイル」から出力形式を選択し、「変換」ボタンをクリックします。お好みの部分だけが変換され、パソコンに保存されます。
英会話やらいぶDVDから音声だけを抽出したい時もあります。次はDVDの音声だけを抽出してパソコンに取り込む方法を紹介します。

DVDの音声だけを抽出してパソコンに保存

STEP1:DVDから音声を取り出す

動画の抽出と同じように、iSofter DVD iPhone変換というソフトをダウンロードしてインストールします。そして、DVDもパソコンのドライブに挿入し、ソフトで読み込みます。次は「プロファイル」ドロップダウンリストから出力形式を選択します。 今回はDVDの音声だけを取り出すので、出力形式を音声形式にします。

DVD音声抽出
 

出力形式を設定した後、「変換」ボタンをクリックします。

DVD音声をパソコンに保存
 

後は変換完了するまで待ちます。DVDを動画に変換することに比べて、音声のほうが容量がずっと小さいので、 音声だけを抽出するほうが短時間で完了することができます。