【レトロ加工】写真をレトロ・ヴィンテージに加工する神アプリ

最近インスタ(Instagram)をはじめとするSNSで「レトロ加工」が流行っています。 デジタル写真にあえてレトロ色味を足すことで、懐かしい感じがして、一枚の写真が特別な記憶になります。

しかし、多機能の写真加工アプリにはレトロ風フィルターはそんなに付いていなく、「なんだか物足りない……」と感じる方もいるかもしれません。 もっといろいろなレトロ風フィルターを試してみたい!そんな方のために、レトロ加工に特化したカメラアプリ「Mosars」を勧めます。 この記事では、Mosarsを使って写真をレトロ風に加工する方法も紹介します。

入手方法(iPhoneをご利用の方):

1.APP Storeの「検索」タブで「Mosars」を入力して検索してダウンロードします。

2.下記のリンクをSafariで開いてからダウンロードします。
https://itunes.apple.com/jp/app/id1534819112?mt=8

1.Mosarsとは

Mosarsとはシンプルな操作でかんたんにレトロ風の写真を作れるカメラアプリ・写真加工アプリです。

全部で50種類以上のフィルターが搭載されます。その中、レトロ、1970、Fade(色褪せ)、Old Photo、光漏れ、湿版写真、クロス現像、モノクロ、シェイク、History、 Hefe、Kevin、Toaster、クロネコ、Purple、Vivid、Violetなどヴィンテージ感が漂うレトロ風フィルターも十数種類があります。 人物写真も風景写真もどんな種類の写真にも適します。自動加工することで、よりレトロな風合いに仕上げることができます。

面倒な操作をせずに、写真を撮影または選択するだけで、アプリが自動的にレトロな雰囲気の写真に加工してくれます。手軽にレトロ写真を楽しみたい方におすすめのアプリです。ぜひ使ってみてくださいね! レトロフィルター以外、写ルンです、チェキInstax mini25、Kodak Ektar 100、Kodak Color Plus、ニコンFE、湿板写真、XRedなどのフィルム風フィルタ―が、フィルムの色や質感、ノイズ、光漏れをリアルに表現できているので、フィルム写真が好きな方はぜひ使ってみてください。

2.写真をレトロ風に加工する方法

まずアプリをインストールして起動します。
初めてインストールした場合、、アプリがiPhoneのカメラ、写真、マイクへアクセスすることを許可するか問うメッセージが表示されます、全部「OK」をタップしてください。

 

カメラへのアクセスを許可

 

電源を入れてから、フィルターを選択します。

今回は写真をレトロ風に加工するので、まずは「レトロ」というフィルタ―を選択します。レトロフィルタ―はほかにも十数種類があるので、次の部分で紹介します。

「レトロ」以外も、1970、Fade()、Old Photo、湿版写真など十数種類のレトロフィルターと、写ルンです、チェキInstax mini25、Kodak Ektar 100、Kodak Color Plusなどのフィルム風フィルターがあります。次の部分で紹介します。

写真加工アプリ

 

「再生」アイコンをタップします。

写真加工

 

「+」アイコンをタップします。

写真を追加

 

アルバムからレトロ風に加工したい写真を選択します。

写真を選択

 

「適用」ボタンをタップします。レトロ加工した写真が自動的にカメラロールに保存されます。

レトロ加工

 

「写真」アプリにてレトロ風に加工した写真を確認できます。レトロ加工すると、なつかしい感じもすてきですし、全体的にふんわりとした仕上がりになるから意外と盛れるんです。

レトロ写真加工

 

3.レトロフィルターの紹介(レトロフィルターを使った作例)

続いてはレトロフィルターのエフェクト効果を一部紹介します。さっそく、写真をレトロ風に加工してみました。

まずは元の写真を用意します。

レトロ風加工

加工前

 

レトロ:青み感強めのレトロ風写真に仕上がります。タイムスリップしたようなレトロな気分が味わえます。

レトロ加工

レトロ

 

1970:昭和や昔の面影が感じられるような空気感を出しています。昭和レトロな雰囲気が漂う写真に加工されます。

昭和レトロ加工

1970

 

Fade(色褪せ):フィルム写真の色褪せ効果をリアルに再現します。なんとなく懐かしい感じがします。

色褪せ加工

Fade(色褪せ)

 

Old Photo:経年劣化で退色し、昔を感じさせる色あせた雰囲気がある古い写真に加工されます。

レトロ加工

Old Photo

 

湿板写真:幕末から明治時代で使われる撮影技法で、有名な坂本龍馬の写真がこの技法で撮られています。令和の今で撮った写真を160年前の撮影技法で超レトロの一枚を加工してみませんか?

超レトロ加工

湿板写真

 

クロスプロセス現象:鮮やかな発色と、黄色や緑色が強くでることが特徴で、夕暮れのような雰囲気がたまりません。

クロス現像

クロスプロセス現象

 

光漏れ:自然な感じに光を入れてくれて、レトロな雰囲気を演出します。

光漏れレトロ風加工

光漏れ

 

モノクロ:やわらかい雰囲気が特徴で、モノクロなのに上品に仕上げてくれます。

モノクロレトロ風

モノクロ

 

History:歴史の風合いが感じられるレトロ写真に加工してくれます。

レトロフィルター

History

 

レインボー:写真をカラフルな虹色で仕上げてくれるフィルターですが、意外とヴィンテージ感が漂うレトロ雰囲気が感じられます。

レトロフィルター

レインボー

 

マンガ:写真をマンガやイラスト風に加工してくれるフィルターですが、面白い仕上がりができます。

レトロフィルター

マンガ

 

これ以外にも、写真をレトロ風に加工できるフィルターがいくつあります。どんな風に加工できるのか、ぜひ実際使ってみてください!

4.その他フィルム風フィルター

レトロフィルター以外、フィルム風フィルターも搭載されています。写真を昔のフィルムカメラで撮影したようなフィルム風合いに加工できます。

写ルンですISO400:フィルムの独特の味わいを感じさせてくれる。

フィルム風加工

写ルンですISO400

 

チェキInstax mini25:イベントでの利用や日常での思い出の撮影にぴったりのチェキです。

チェキ風加工

チェキInstax mini25

 

Kodak Ektar 100:世界最高の粒状性を持つ、風景を鮮やかに彩るプロ用フィルムです。

フィルム風写真加工

Kodak Ektar 100

 

Kodak Color Plus:黄色が出る、暖かみのある雰囲気の写真が撮れます。

フィルム風写真

Kodak Color Plus

 

ニコンFE:1970年に生まれたニコンの名機のエフェクトをスマートフォンで楽しめます。

ニコンフィルム

ニコンFE

 

Pink:ピンク色のトーンが特徴、かわいさを演出できるフィルターです。

かわいいフィルター

Pink

 

4.まとめ

Mosarsはシンプルな操作でかんたんにレトロ風の写真を作れる写真加工アプリです。レトロ加工に特化しており、10種類以上のレトロフィルターを搭載し、簡単に写真をレトロな風合いに加工できます。 レトロな写真が好きで、Instagramでレトロでビンテージなエフェクト加工した写真をアップロードしたい方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

入手方法(iPhoneをご利用の方):

1.APP Storeの「検索」タブで「Mosars」を入力して検索してダウンロードします。

2.下記のリンクをSafariで開いてからダウンロードします。
https://itunes.apple.com/jp/app/id1534819112?mt=8

関連Tips